閉じる ×

環境・品質Enviroment & Quality

グループネットワーク

迅速な危機管理対応を可能にする企業間ネットワーク

相互印刷グループは、地震や火災などの災害リスクに対応するために、各生産拠点を分散し、グループ企業間のネットワークを構築しています。光ファイバーによる安定した通信システムは、多くのお得意先様から信頼をいただいております。

グループの事業内容

相互印刷株式会社の事業について

相互印刷株式会社は、主として医薬品・化粧品のパッケージ、添付文書等の表示材料および関連資材を製造しております。当社は、事業継続計画の一環として、兵庫工場(兵庫県丹波篠山市)、関東工場(千葉県東金市)、九州工場(福岡県糟屋郡)、大阪工場(大阪本庄工場、大阪大淀工場/大阪市北区)と主力工場を全国に分散させて、地域に密着した供給体制を構築するとともに、災害時等のリスク対応を図っております。
これらの工場には、同一の印刷設備を配置するとともに、印刷に関するデータについては、それぞれ東京・大阪の2ヵ所で万全なセキュリティー管理のもとに保管し、冗長化を行っています。仮に一つの事業所が被災により停止しても、直ちに他の事業所から各工場にデータを転送することができるシステムとして、相互印刷グループVPN※(下図参照)を備え、どこの工場においても同一水準の製品を生産・供給することが可能となっています。
※VPN…Virtual Private Network=バーチャル・プライベート・ネットワーク

企業間ネットワーク

相互印刷グループとしての対応

相互印刷グループでは、それぞれの業界に特化した製品を生産できる対応をとっております。食品(お菓子、酒類)業界やメディア関連業界のパッケージや表示材料を中心とした明文堂工業株式会社(兵庫県丹波篠山市)、パッケージやカタログ等のデザイン・企画・編集、製版業務を主体とする株式会社エス・エー・ピー等、グループ企業全体で、一貫した生産体制を整えております。
そして、これらの関連会社においても企業間ネットワークを構築し、グループ企業全体としての協力体制を整え、リスク対応を図っております。また、2014年5月、ベトナムに子会社(TECHNOPACK VIETNAM CO., LTD.)を設立し、海外(アジア)のお得意先様への対応を行っております。